私のいいモノ探しの旅~くらし編~

生活していく中でコスメから旅、お取り寄せスィーツまで、衣食住を中心におすすめしたいモノ、コトなどを発信していきたいと思います♪

沖縄の琉球ガラスに続いては、同じく沖縄の大好きなモノ、シーサーについて書きたいと思います。

シーサーとは昔から沖縄では家の屋根の上や門柱などに飾られている守り神のことです。
120213
あまりにものシーサー好きな私は、なんと石垣島のシーサー農園を訪れてきました。
12029
ここは米子焼の工房にあり、広大な土地にたくさんのシーサーがいます。
120210
自分よりも大きなシーサーがいて、感動ものです。
12028
沖縄らしい風景の中にいるのもいいですよね。
120211
なんて愛嬌あるこの顏
120212
こちらのシーサー農園は入場無料ですので、石垣島に行かれた際には是非訪れて下さい。

さてこの工房にも、もちろんシーサーは売っていました。最近はオス、もしくはメスだけでも飾られるようで、文字まで入ったものも見かけます。
12027
これらのシーサー、沖縄のお土産屋さんで売っていないところはないってくらい様々な種類のものが沢山が売っています。これだけのシーサーが並んでいるのには圧巻ですね。あちこちのお店で見ていると買わないわけにはいかない、見ているうちにだんだん愛着が出てきて買ったという方も多いのではないでしょうか。
その中で特に私は工房を訪れた『米子焼』のシーサーが好みです。思わず笑顔になれるような顔つきと色使いが好きですね
120214
我が家でもこんなシーサー達が守ってくれています。
忙しい毎日、ふとこのシーサーを見ると癒されるし、自然と笑顔になれます
オスは大きく口を開けて幸せを呼び込み、入ってきた福を逃がさないように口を閉じているのがメスです。
そして向かって右がオス、左がメスと決まっているのですよ。置き方が逆だと逆効果だそうです
12024
またこのシーサーを置いている織物は八重山ミンサーと言って、国の伝統工芸品に指定されているものなんです。
素材が木綿、組織が平織りの織物で、五つのマス目と四つのマス目を織り込んだ模様には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く……」という思いが込められています。また藍を何度も重ねて染めることから、「愛を重ねて」という意味もあるそうです。赤・黄・緑など沖縄らしいカラフルな色彩で織られていて、このようなコースター以外にも帯、キーホルダー、バッグ、かりゆしウェアなどさまざまな商品があります。
ここは沖縄じゃないですが、沖縄のシーサーを沖縄の八重山ミンサーを敷いて飾っています~

米子焼工房さんでは本当に様々な種類のシーサーと出会うことができます。きっとあなたのお気に入りのシーサーも見つかるはず。石垣島まではなかなかいけない方もamazonさんで購入可能です。

米子焼き シーサー めんそ~れM (黒)
沖縄の守り神 米子焼 ハピネスシーサー(赤)
米子焼  ゆがふMシーサー 赤

米子焼 ワッショイSシーサー 水色
米子焼シーサー【みーふぁいゆーS・青】米子焼工房
米子焼 ポポシーサー 黄色


ランキングに参加しています。宜しければクリックお願い致します。


雑貨ランキング


にほんブログ村

前にも書きましたが、私はとにかくかわいい雑貨を集めるのが趣味のひとつです。趣味が高じて日本のみならず、海外にまでお気に入りの雑貨を求めて旅するようになりました。

今日は日本の雑貨、沖縄の琉球ガラスについて書きたいと思います。

琉球ガラスは吹きガラスの技法で製作される工芸品です。沖縄での吹きガラス製造は、明治時代に長崎や大阪からやってきたガラス職人によって伝えられ、当初は主に薬瓶やランプ、生活用品などが作られていました。現在の琉球ガラスは、原料や技法も格段に進化を遂げ、平成10年には沖縄県の伝統工芸品に認定されるに至りました。涼し気な色合いが大変美しく、デザインも多種多様の琉球ガラス製品は、現在では沖縄を代表する伝統工芸品となり、また、人々の暮らしの中に溶け込む芸術品として、地元のみならず多くの人たちに愛される存在になりました。

琉球ガラスの特長のひとつとしてあげられるのが、その色彩の美しさです。琉球ガラスの基本の色は、水色・青・紫・緑・オレンジ・茶の6色です。基本の色以外にも、調合によりピンクや黄色など、濃淡を含め、様々な色を作ることができるようです。昔は、コーラやビールの空き瓶を溶かし、瓶の色をそのまま再利用されていたようですが、現在では、基本となる3種類の原料に着色剤を調合し、沖縄らしい、透明感溢れる鮮やかな色彩を生み出しています。本当に綺麗で、私も来客用に色違いでグラスを揃えました。
12021


琉球ガラスのグラスで冷たいお茶やジュースを飲むのもいいですが、ここはやはり、沖縄地方の特産品、泡盛を注いで飲んで欲しいと思います。
シークヮーサー入りの泡盛もあります。とっても美味しいですよ。
12026


ロックでも水割りでも炭酸割りでも、お好きな方法でどうぞ。個人的なおススメは、泡盛をベースにして、シークヮーサーなどのジュースで割って、カクテルにして飲む方法です。
12025

沖縄では、ちょっと変わったところでコーヒー割りや牛乳割りといった飲み方もされているようです。皆さんがご自分にあったレシピを考えるのも楽しいですね。
12022
ちょっと話がそれてしまいましたが、普段何気なく飲んでいるジュースやお酒なども、ちょっとグラスを変えてみるだけで、オシャレな飲み物に変身。来客用に揃えるのも良し、ご自分用にとっておきの逸品を探すのも良し、琉球ガラスのグラスを使うだけで沖縄に行った気分に浸れます。
結婚のお祝いにも喜ばれましたよ。

ランキングに参加しています。宜しければクリックお願い致します。

雑貨ランキング


にほんブログ村

シンガポール創業の『TWG Tea』は世界屈指のティーブランドですよね。なかなか日本では行く機会がないですが、シンガポールに行くとついつい立ち寄って飲むことが多いです。
こちらはあの有名なマリーナベイサンズの下にある『TWG』です。
112911
シンガポール内ではあちこちで店舗を見かけます。またホテルや空港のラウンジ、ハイティーをすると必ず紅茶はTWGですよね。
その中で私は特にアールグレイが大好きです。こちらは『パリのリッツカールトンホテルとコラボした"RITZY EARL GREY"』と『ベルガモットの上品で華やかな香りが特徴の"FRENCH EARL GREY"』です。
112910
こちらは『FRENCH EARL GREY』ですが、茶葉に注目して下さい!柑橘系のフルーツと、フレンチコーンフラワー(ヤグルマギク)という青いお花も入っています。
11297
これらをティーサーバーに入れて、お茶の色やフレンチコーンフラワー(ヤグルマギク)が浮いている様子も楽しんでいます
11298
さて、お好みのスィーツとともにいただきますオシャレなティーカップなどで気分も盛り上げて飲むのが、お店で飲んでいるようでいいですよね
11299
時間がない時は、手軽に飲めるティーパックも便利ですよ。仕事の休憩時にはこちらを利用しています。その日の気分で紅茶を選ぶのも楽しみのひとつホッとできる至福の時間です。
112912
なかなかの高級な紅茶ではありますが、それなりの味に対する価値もありますし、お店で飲むことを考えたらお家カフェはお得です
友達へのクリスマスプレゼントにも贈りましたが、とっても喜んでもらえましたよ!知名度もありますし、高級紅茶を贈るのも貰うのもオシャレですよね。

一口にアールグレイと言っても様々な種類があります。また、缶入からティーバックまで、用途によって使い分けることもできますね。




ランキングに参加しています。宜しければクリックお願い致します。

雑貨ランキング


にほんブログ村

ドイツ発祥の『バームクーヘン』ですが、断然日本のバームクーヘンが美味しいと思います♪
日本人好みに作られているんでしょうね。

TVでも紹介されることあって、とっても有名になった『クラブハリエのバームクーヘン』
以前、有名な洋菓子屋さんのバームクーヘンを数社食べ比べたことがあります。人それぞれ好みがあるとは思いますが、私はこちらのバームクーヘンがしっとりとし、一番美味しかったです。

この夏にはそのクラブハリエの工場まで行き、バームクーヘンの焼きたてを食べてきました。
11294
11292
焼きたてとあって、さらに美味しかったです
11291
そして工場ではこんなに大きなものも売っているんですね!
11295
そんなバームクーヘン、最近ではデパ地下でも買えるようになりました。またネットでも買えるとあって、デパートへ出向いて、行列を並んでとするお時間がない人には嬉しいシステムですよね。
私も手軽にネットで注文し、ティータイムによくいただきます。
11296
そんなクラブハリエのバームクーヘン、これからの時期、お歳暮やお年賀、クリスマスなどの手土産にも喜ばれるのではないでしょうか。私も贈り物にする予定です

サイズも選べるので用途に合わせることができますね。また食べやすいミニサイズもあります。





ランキングに参加しています。宜しければクリックお願い致します。

雑貨ランキング


にほんブログ村

11月がもう終わろうとし、クリスマスが近づいてきました
十数年前から毎年ではないですが、本場ドイツを中心にクリスマスマーケット巡りをしています
45
46

47
そんな西欧の寒い冬は赤ワインにオレンジやハーブにシナモン、そして砂糖や蜂蜜などで調味された『グリューワイン(ホットワイン)』を飲んで体を温めますクリスマスマーケットでも各町で沢山飲みました。これを飲んだら、クリスマスが来たと私は実感します
44
寒さにめげそうになりながらグリューワインを飲み、その時お土産に持って帰ってきたカップが我が家の食器棚にあります。このカップにはその街の名前やシンボルが描かれていたり、その年の年号が書かれています。毎年絵柄が変わり、集めているうちに40個を超えていました。どれも大切な思い出のカップです。
42
日本でも有り難いことに、最近お酒屋さんでグリューワインを見かけるようになりましたアルコールが入っているものの甘いので飲みやすいです。お酒が苦手な親友も美味しいと飲んでいますので、大丈夫じゃないでしょうか。ただし飲み過ぎは禁物です。
41
ホームパーティはもちろん、夜にグリューワインを温めて、その日の気分で好きなカップに入れて飲むのが習慣になっています
そんなホッとしたひとときを過ごされてみてはいかがですか?
お歳暮やちょっとした贈り物、クリスマスプレゼントにもいいかもしれませんね



ランキングに参加しています。宜しければクリックお願い致します。

雑貨ランキング


にほんブログ村

↑このページのトップヘ